パワフルで静か。入念に施された防水機能。卵型ローターの金字塔!激しく使っちゃいそうで怖い。

 

リヴァイア   2,138円(税込)

 

細部まで入念に施された防水加工に感動!
パワー・静音性・質感も素晴らしい超優良品です。

 

業界初のIEC(国際電気標準会議)の防水規格・IPX7(※)をクリアした、頼もしすぎる防水ローターが誕生しました。

 

防水ローターといえば、2013年に「アクアドロップ」という製品が同じメーカーから登場しています。でも「アクアドロップ」はアクアというわりには、防水機能はイマイチでした。

 

その反省からか、リヴァイアは「アクアドロップ」を遥かに凌ぐ防水性を実現しています。

 

メーカーはあえて明言していないものの、上位等級であるIPX7に準拠した、“完全防水”も謳えるレベルの高性能ローターに仕上がっています。

 

 

形状的には「激安!ピンクローター」などと同じ、振動部・コントローラー別体のたまご型ローターです。

 

“たまごが振動する”という根本的な設計・仕様は共通するものの、リヴァイアと格安モデルでは、そのクオリティに歴然とした差があります。

 

とくに防水処理に関しては、コードまわりやパーツ同士の接続部、電池ボックスのキャップ等に入念な加工が施してあって、
感心しました。

 

スティックローターなら比較的簡単な防水加工も、たまご型になるとコードの接続部に浸水や断線対策が必要になるため、素人が考えるよりもずっと難易度は高くなると思います。

 

それでもあえてたまご型を選んだのは、おそらく開発担当者のこだわりでしょう。使っているパーツも上質でマットな手触りが心地よく、製品に対する意気込みが伝わってきました。

 

もちろん、振動は十分にパワフルなうえ静音性も優秀なので、ローターとしての実用性は申し分なく、総合的にみて相当ハイレベルな完成度です。

 

同じく防水性が人気の「インスピレーション」と比べても見劣りしないどころか、IPX7という後ろ盾があるぶん、信頼性と安心感はリヴァイアの方が勝っています。

 

ただし、いくらIPX7の防水性能といっても、想定されているのはあくまで普通の水。使用感環境における水分…いわゆる、ローションや愛液などでベッチョベチョに濡れることは(防水面で)想定されていないので、あまり過信しすぎないよう、ご注意ください。

 

でも夢中になって、つい深追いするのが人間なんですけどね。

 

 

※IP規格(IPX7)とは?
IEC(国際電気標準会議)によって定められた、防水・防塵の保護規格を「IP規格」といい、「IPX」のように“X”が付く場合は、「防水規格のみ(=防塵テストをしていない)」であることを表します。

IPX7とは、全8段階ある保護等級の上から2番目にあたる「防浸形」とされる防水レベルで、「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」というのが保護条件とされています。

なお、厳密に明確化はされていませんが、メーカーが製品の防水性能を謳う場合、一般的にはだいたい“3~4等級”が「生活防水」で、“5等級以上”になると「完全防水」を冠するのが通例のようです。

 

 

リヴァイア
リヴァイア

☝ここをクリック   商品サイトに進みます

 

 

 

温めて使う、リモコンバイブ。滑らかな質感と多彩な振動、そして温もり!クセになるカワイイヤツ!

 

PRIMO   8,618円(税込)

 

まず、ちょっとお尻でも遊びたい、そんな方におススメです。

 

振動強度・振動パターン共に5種類あります。振動は1でもそれなりに中での主張を感じますし、振動5にすると下半身全体に震えを感じます。

 

最初は弱めの振動とランダムで気分を盛り上げて、イキそうになってきたら震度を強めにして。

 

最後は小刻みか震えっぱなしにしてとか、エロエロ楽しめちゃいます。

 

温感機能は、手で持ってもあったかいと思うまで待ってから入れた方が、このグッズの良さを感じられます。

 

屋外でおもちゃを使う恥ずかしい趣味がある方にもおススメ。
入れたままで楽しんでください。

 

ただし、お尻の肉に押されて少し入りが浅くなる事があります。慣れてくると歩くたびに中で動くのが気持ちいいです。

 

振動パターンをランダムにしていると不意に強い振動が来るので、気持ちよくて声が出てしまいます。誰にでもオススメ出来る使い方ではないかもしれません。

 

温感に関してはパートナーの反応はいまいちでしたが、なにより持ちやすいので挿入してもクリにあてがっても使いやすいです。

 

 

 

パートナーにも屋外で装着してもらい、リモコンプレーを試しましたが、ものが大きすぎて座ったりできないようです。

 

質感、操作など良質な感じがしますので、価格的にはお買い得な気がします。

スティック状のバイブで曲がったりしない硬さはありますが、シリコンでコーティングしているので滑らかな肌あたりです。

 

寒くなる季節には温感機能はとても素晴らしい。暖かいというだけでテンションが上がり感度が上がります。

見た目の高級さもイケてます。
外箱から漂う気品、これはポイント高いです。

 

女性に見せる場合も箱から見せた方が良いでしょう。
高級感のある物でのプレイは、ムードを重視する女性には効果抜群です。

 

そして、実際、十分考えられた設計、素材のチョイスがなされており、実用性も十分ですから。

 

結論として、バイブ、リモコン等も期待していた機能を発揮していて問題なしです。というよりクセになります。

 

Primo(プリモ)
Primo(プリモ)

☝ここをクリック  商品サイトに進みます

 

 

 

優しいテクニシャンのあなたへ。エッチを盛り上げる温感ローション・オイル。肌にやさしく、洗い落ちスッキリ!

 

REN ~れん~   1,857円

 

保湿と浸透力に優れた、温感ローションとしても使える、
マッサージオイルのご紹介です。

 

女性に優しい水溶性マッサージオイルです。

 

マッサージオイルというだけあって、手にするとヌルッとオイリーなテクスチャー。

 

擦るとほんのり熱を感じる特性はまさに温感ローション。

 

サラッと滑らかで伸びがいいのに、洗えばスッキリ落ちます。

 

 

不思議に思って成分をよくよくチェックしてみると、じつは原材料に油分が入ってないんです。

 

主成分はオイルっぽい粘性を持つグリセリンと、保湿作用のあるヒドロキシエチルウレア。

 

ネーミングこそマッサージオイルですが、その成分・特性は“温感ローション”とほとんど変わりません。

 

単に訴求方法を変えているだけっぽいですね。

 

 

正体が温感ローションとほぼ同じとはいえ、メーカー的にはマッサージオイルとして売り出していますから、当然ボディマッサージに適した調整がされています。

 

素肌に塗り込めば、ベビーオイルのようにスーッと浸透しますし、ベタ付かず、サラッと伸びて広がる低粘度特性もいい感じ。

 

万人向けの「無香料」はもちろん、「ラベンダー」もやわらかな芳香でクセがなく、これなら全身に塗りたくっても不快には感じません。

 

特筆すべきは、その洗い落としやすさ。“水溶性”と謳っているうえ、実際にはオイル成分を使っていませんので、水やお湯を流すだけで素早く、スッキリ落ちてくれます。

 

これは温感ローションとしても素晴らしいメリットで、ボディマッサージはもちろん、手コキやグッズプレイなどのエッチな遊びに使っても、終わればすぐに洗い流せるのは非常に快適。

 

既存ローションと比べても、利便性はかなり優秀な部類に入るかと思います。

 

アダルト全開の温感ローションではなく、ちょっとオシャレなマッサージオイルとして楽しみたいライトユーザーにおススメです。

 

 

エッチには雰囲気や演出も大切です。このアダルトっぽくない
デザインなら、よろこんでOKしてくれる女性は多いでしょう。

 

エッチで優しい言葉をかけながら、イチャイチャタイムを
盛り上げてください。

 

 

REN ~れん~
REN ~れん~

☝ここをクリック  商品サイトに進みます